Home » いわての”食”最新ニュース, 今!話題のいわての”食”, 盛岡スウィーツ散歩

【盛岡スウィーツ散歩4】ブール・ドゥ・ネージュ 盛岡緑が丘店

2011 8月 1 5,170 views コメント記事


お菓子で届ける「幸せ」

こんにちは! けろっこの吉田です。
盛岡スウィーツ散歩、4回目の今日は『ブール・ドゥ・ネージュ 盛岡緑が丘店』様を紹介します。
先日、店長の高橋さんにお話を伺ってきました。

b_n_
『ブール・ドゥ・ネージュ』のキャッチフレーズは「お菓子でお客様に幸せを届ける」。
お菓子を食べれば誰もが笑顔があふれ、気持ちが安らぎ、癒されます。そんなパワーのあるお菓子を作って「幸せ」を届けたい…という思いでつくっています。
目標は「今まで(お客様が)食べた(お菓子の)中で一番を目指す」!
高い目標が胸にあります。

『ブール・ドゥ・ネージュ』ではフランス産の素材をメインに使っています。
ドライフルーツ・チョコレート・ナッツ・ハチミツなど日持ちのいい素材はすべてフランス産。なんでも、「フランスの素材は味が濃い」とのことで、自分の舌で味見をして「これを使いたい!」と思った素材を使っています。

b_n_4
ケーキのデザインは、味と素材の色にあわせて決めています。
例えば、酸味の利いた味ならばシャープなデザインにする…といったようにしているそうです。私は今まで、ケーキを買うときに見た目で選んでいながら味にばかり気をとられていたので、このお話には「そこまで気を使っていたなんて!」と感動しました。ケーキで一番大事なのは言うまでもなく「味」です。だけど、「見た目」も大事。ケーキとはなんとも奥深い食べ物だと実感しました。

仕事をする上で幸せを感じるのはお客様が「おいしい!」と言ってくれた時。定期的に買いに来てくれるお客様の存在も励みになります。
そういったお客様がいてくれるのはお客様第一の姿勢があるから。
お客様の立場に立って、お客様目線でつくっています。決して自分目線ではありません。
「当たり前のことをしっかりやっていくのが大事なこと」と高橋さんはおっしゃいました。
この「当たり前のこと」とは、「味にブレのない、本当においしいお菓子をつくること」「丁寧にいいものを作っていく」「絶対手を抜かない」ことだそうです。
シェフの強い信念が伝わってきて、私は心打たれました。

さて、せっかくなので高橋店長おススメのケーキを紹介したいと思います。
名前はビュッシェ・シトロン。夏にぴったりのレモン味の甘酸っぱいケーキです
b_n_3

中央にはフランス産のハチミツを使ったクリーム。このクリーム、ハチミツを一度沸騰させ、香りを強く出しています。
そのまわりにしっとりふんわりのレモンムース。これにはレモン果汁と白ワインが入っています。レモン果汁は地中海産のレモンをフランスで濃縮加工したもの。生レモンよりしっかり味を出すために使っています。
ムースの周りに薄いアーモンド風味のスポンジ層があります。歯ざわりがしっかりしていて、全体的にやわらかな食感が多い中でアクセントになっています。
ケーキの上にはレモン風味の甘いバタームースと細いチョコレートがのっています。
「夏はケーキが食べにくくなると思うので、その中で少しでも食べやすいものを…」と考案したのがこのさわやかな新作ケーキです。夏だからこそ食べたくなる爽快な味です。

b_n_6

「季節にあった商品をどんどん出していくので、何度きても新しい発見と出会いがあります」と高橋さん。
『ブール・ドゥ・ネージュ 盛岡緑が丘店』のお菓子で「幸せ」体験、あなたもしてみませんか?
b_n_2

ブール・ドゥ・ネージュ 盛岡緑が丘店
住所:岩手県盛岡市緑が丘4丁目7-30
電話:019-681-3393
営業時間:10:00~19:00
定休日:年中無休

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading ... Loading ...

コメント記事 »

  • said:

    素敵な内容ですね。このようにいけば、いいですね。